Skip

ウェディングドレスを手に入れよう! 〜レンタル・オーダーメイド〜

レンタルでウェディングドレスを借りる方法

レンタル・ウェディングドレスとは、ウエディングドレスを貸衣装で借りることをいいます。今現在は、結婚式に使用するウェディングドレスを入手する主流となっている方法です。
また、これとは対象に、買取りでウエディングドレスを入手することを「セルドレス」と呼びます。

レンタル・ウェディングドレスの場合には、ベール・パニエ・グローブなどといった小物も、レンタルの中に含まれていることが多いです。
このレンタル・ウェディングドレスの使用条件として、挙式と披露宴だけではなく、二次会においても同じウェディングドレスを着用する場合には、追加の料金が発生することもありますので、注意しましょう。

結婚式の会場ととなるホテルや、結婚専門の式場において、その結婚式の会場ごとに、専属の衣裳室を備えていることが、ほとんど当たり前となっており、結婚式場でウェディングドレスを直接借りる方法と、貸衣装屋さんなどで借り、結婚式場に持ち込むといった方法があります。
貸衣装屋さんでウェディングドレスを借りるという場合には「持込料」(場所bによっては「保管料」など、名称は様々。)がかかる場合が多いですので、貸衣装屋さんでウェディングドレスを借りる際には、事前に結婚式を行う会場側に、確認しておくようにしましょう。

また、結婚式を行う会場などによっては、その結婚式場と提携している貸衣装屋さんがあり、結婚式場経由でそうしたお店を利用すると、持込料などが掛かからない場合もあります。
結婚式会場へのウェディングドレスの配送料が無料になったり、または持込料を負担してくれるサービスを行っていることもあります。

また、貸衣装屋さんによっては、ウエディングドレスだけではなく、新郎衣裳や、お色直し用のカラードレスなどとセットでレンタルした場合、ウェディングドレスのレンタル料金などが割引になるセットプランを設けているお店が多く、ウェディングドレスや新郎衣装などをレンタルするなら、一ヶ所でまとめて借りたほうが得な場合が多いです。

また、撮影のためだけに結婚衣裳を貸してくれる「記念撮影プラン」や、実際に借りる結婚衣裳を着て、写真を撮ってくれる「前撮り撮影プラン」といったプランもあります。
また、式を挙げずに、ウェディングドレス姿のあなたを撮影する「フォトウエディング」というサービスでは、結婚衣裳のレンタルも含まれていることがあります。

ページ上部へ

オーダーメイドで自分だけのウェディングドレスを作ってもらう方法

このオーダーメイド方式は、自分だけのウエディングドレスを発注して、作ってもらうことをいいます。

基本的に、ウェディングドレスを作ってもらいたい人は、服飾デザイナーと呼ばれる人と打ち合わせをして、あなたの希望に沿った、基本的なウェディングドレスのデザイン画を描いてもらって、生地選びから仮縫いを経て、あなたのウェディングドレスが立派に完成します。

このウェディングドレスが出来るまでの制作期間は、おおよそ注文から2ヶ月から半年程度はかかるとみていいでしょう。
このように、非常に手間がかかってしまう分、ウェディングドレスを作ってもらうための料金も割高になりがりなのですが、
発注した人一人一人の体型に合わせて、世界に一つだけのウェディングドレスが作られるので、発注した人に完璧にフィットした仕上がりとなります。
デザインや、着心地など、すべてがあなたの思い通りとなるオリジナルなウェディングドレスが、自分だけのものとなるのが、このオーダーメイド方式は魅力となります。

こだわりのウェディングドレスを販売しています。素敵なドレスをお探しならonlyyouへ。

ちなみに…「オーダーメイド」といいますが、この言葉は実は「和製英語」です。
実際に英語でいうと、custom-made(カスタムメイド)、 made-to-order (メイド・トゥ・オーダー)、 tailor-made(テーラーメイド) などといった言葉で表現されています。

check

沖縄の脱毛サロン人気ランキング

2017/9/21 更新

ページ上部へ