Skip

「ウェディングドレス」と小物類 〜ベール・パニエ〜

ベール

ベールとは、シースルーな素材で作られている、女性の顔や頭を覆うための薄い布のことをいいます。
遮蔽や保護などの目的で用いられるもので、装飾的には、レースで縁取られることもあります。
これを呼ぶ時には「ヴェール」と発音されることがあり(英語表記ではvell")、日本語でいうと"面紗"ともいいます。キリスト教会形式の挙式には、花嫁衣装としては、ウェディングドレスとともに必須のアイテムです。

ベールの歴史としてはとても古いもので、場所も遠いローマ時代のヨーロッパに遡ります。この時代では、主にキリスト教の宗教上の儀式服の一部として使われていたようです。

中世の時代には、黒のドレスに白のベールという組み合わせで用いられてきましたが、やがて白を基調とするものに変化していき、現代のウェディングドレスに通じるものとなっていきます。

ベールとは、「清浄」を象徴しているシンボルでもあり、悪魔や悪霊から身を守るという意味のあるものでもあります。
このベールの長さや、付け方などで、花嫁の印象が全く変わります。
ですので、ウエディングドレスのシルエットや、挙式会場の広さ・雰囲気なども考慮して選びたいところでしょう。

正式には、ベールは「トレーン」よりも長いものを使用して、通常は挙式だけに着用して、披露宴にはベールを付けません。
顔を覆い隠すための「フェイスアップベール」というのは、キリスト教会式の挙式においては、新婦のベールを、新郎がたくし上げ、「フェイスアップ」という儀式を行うためのものです。

このベールの種類には、「マリアベール」の他にも「ノースベール」という、多少短めなベールもあります。
あなたのウェディングドレスや、周りに合わせて、組み合わせて使ってみてください。

ページ上部へ

パニエ

パニエとは、ウェディングドレスの下に重ねて着る、いわゆるアンダースカートのことをいいます。
よく見るウェディングドレスのスカートが膨らんで見えたり、きれいなシルエットを演出しているのは、このパニエと呼ばれるスカートの役割が大きいです。
このパニエの機能は、ウェディングドレスのスカートを膨らませてボリューム感を出したり、ウェディングドレスを着ている人のシルエットを美しくする目的で用いられます。このパニエは「チュール生地」を幾重にも重ねてみたり、張りのある素材で作られています。

以前までは鯨の髭(ヒゲ)を使用していたので、非常に高価なものでした。ですが現代ではそのようなものではなく、ワイヤーを使っているため、軽くて、たためたりと、機能性もアップした形になっています。

レンタル・ウェディングドレスの場合には、パニエはウエディングドレスとセットとなっていて、ウェディングドレスのレンタル代に含まれているのが多いです。また、ウェディングドレスのスカートのボリューム感を出すために、スレンダーなラインのウエディングドレスにはこのようなものは使いません。

ウェディングドレスを着たあなたを、もっと美しく見せるための、ウェディングには必須といっても良いアイテムでしょう。

Favorite

デザイナーズマンション

最終更新日:2017/10/5

ページ上部へ