Skip
サブカテゴリ。下のボタンを押すと、そのページに飛びます。

「ウェディングドレス」と小物類 〜グローブ・ブライダルインナー〜

グローブ

グローブとは、ウエディングドレス用の手袋のことをいいます。このグローブには様々な長さの種類があり、手首までのショート丈から、二の腕を覆うロング丈などがあります。ウェディングドレスのシルエットとの相性に応じて、または、隠したいような部分に応じて、自由に選べます。

例えば、ショート丈にはどんなウェディングドレスとも相性が合わせやすく、キュートな雰囲気を出すことができます。また、ロングは、肩を出したウェディングドレスと相性が良くて、腕を細く・かつ長く見せる効果があり、こちらも人気です。

グローブに使われる素材は、サテンやオーガンジー、レースなどの生地などがあります。通常は指まで全てを覆うグローブが一般的なのですが、指が出せるフィンガーレスグローブのようなタイプもあり、指輪交換時などに着脱するような必要はありません。グローブは、レンタル・ウェディングドレスには、通常はセットになっていることが多いです。

ページ上部へ

ブライダルインナー

ブライダルインナーとは、ウェディングドレスを美しく着こなすための下着の総称をいいます。
別の言い方では、補正下着・ドレス下着・ドレスインナーなどといった呼ばれ方もされます。ウェディングドレスをきれいに着こなすために、一般的な下着よりも補整力が高い特性があり、バストを上げて、ウエストをスラリと見せるための効果があります。

欧米から渡ってきたウェディングドレスを日本人でも素敵に着こなせるように、ウェディングドレス専用のインナーなどでドレスに合う体型に整えて、メリハリを強く出したプロポーションを作るというのが目的の下着です。

だからといって、必要以上に身体を締めつけるということではなく、足りない部分などをインナーで補って、ウェディングドレスにあわせて体型を形作り、ウェディングドレスを着たときの全体のバランスが美しくとれるものを選ぶことが重要です。
できれば、ウェディングドレスを選ぶ前に、あなたに合ったインナーを購入し、ウェディングドレスを試着する時も、ウェディングドレスのしたにインナーをつけて選ぶというのが、いざウェディングドレスを着用するときの本番のイメージが分かりやすいので、オススメです。

こうしたブライダルインナーは、ランジェリーショップやドレスショップなどで購入できます。
ブライダルインナーの代表的な種類は、ブラジャー・ウエストニッパー・ガーターが一体となった「スリーインワン」というタイプや、ブラジャー・ウエストニッパーが一緒になっている「ビスチェタイプ」、そして、フロントとサイドにシルエットを整えるために取り付けられたコイルボーンなどが入った「ロングブラジャー」といったものがあります。
また、オフショルダーのウェディングドレスや、襟あきが広いデザインとなっているウェディングドレスには、取り外しが出来るものか、あるいはストラップレスのインナーを用いましょう。
背中が広く開いている「バックレスデザイン」のウェディングドレス用には、ベアバック対応となっている「Vバック」の「バックレスタイプ」と呼ばれるブライダルインナーを使用しましょう。

また、和装の場合にもブライダルインナーがあり、その場合は肌襦袢・裾よけ・足袋などといった和装下着のことをいいます。

ページ上部へ

Valuable information

大阪のブランド品買取
http://oosakaya78.jp/

2016/8/31 更新